FX業者の徹底比較をするならこちら!<<外国為替FX比較>>

2004年12月31日

ソニー PDA CLIEは・・・

ソニーは、今年6月海外でのPDA製品CLIEの販売を撤退すると発表。CLIEの販売は今後、国内のみで販売することとなった。
日本のソニーファン、CLIEファンの方は一安心したかと思いますが、2005年から遅くとも2006年前半には日本国内も撤退する方向で検討しているようです。
そもそも日本では、携帯電話が爆発的に普及したため、米、欧州と違って、客層事態がそもそも少なく、販売低迷している日本国内も撤退する方向のようです。
ソニーは、家電、パソコンの売上げが振るわず、さいさんが悪い事業から撤退、縮小を図り事業基盤の根底を考えなおさなくてはならない時期にきています。
ソニーショックという言葉も、今年衝撃的でしたね。新たな、金融サービス、インターネットサービスなど、ハード売上げに頼らない、サービスビジネスを考えてほしいものです

ブログのランキングはこちら
posted by 藤原大輔 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

Amazon.comクリスマス商戦 過去最高の注文数 1秒32件

インターネット小売最大手のAmazon.comは、日本のアマゾンを含めたワールドワイドの11月25日から12月23日までの間が、1日に最大280万件の注文件数を記録したと発表。実に1秒間に32件を受注したようです。
1秒間で32件、100秒で3200件の受注もすごいが、その注文をさばくサーバもかなりすごい。さすがに金をかけているだけあるが、トラブルも比較的少ない良好と言えるでしょう。
本、ゲーム、ソフトウエア、家電、キッチン用品など、くさらないものならなんでも売るアマゾンは、もう既に定着している顧客層の拡大も今後さらに飛躍するでしょう。

ブログのランキングはこちら
posted by 藤原大輔 at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

ライブドア インターネット宿泊予約サイトを買収

インターネットポータルサイト運営大手のライブドア(もう、こんな記述をしなくても誰もが知ってる??)が、インターネット宿泊予約大手のベストリザーブを買収。

宿泊予約、ポータルサイトの相乗効果を図り、楽天を追随する。
楽天のマイトリップネット323億円に対し、ベストリザーブを11億5000万円で子会社化する。ただし、ライブドアの今日の株価に対しては影響なかった。市場の判断は正しいか?
今後も両社の成長路線に期待。

ブログのランキングはこちら
posted by 藤原大輔 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

海外インターネット業界 2004年を振り返る

今年は日本のみならず海外のインターネット業界でも大きなニュースがありました。
まず、グーグルのナスダック上場、セールスフォースドットコムのニューヨーク証券取引所への上場です。
エンジェルと呼ばれる投資家たちは、この2社の上場を心待ちにしていたので、上場時点ではいろいろとありましたが、無事に両社ともに上場することができました。

グーグルは、今後大手インターネットサービス各社が検索サービス研究し、その検索サービスが市場に受け入れられた場合の事業の柱について現在模索しているものと思われる。
セールスフォースドットコムは、現在のオンデマンドCRMサービスも拡大しつづけていくであろうと思われます。
2005年もこの両社に期待し、また、この2社を上回る新興企業の出現に期待したいと思います。
私は、銀行、証券などの金融サービスの会社に飛躍を期待します。

インターネット御三家の、アマゾン、イーベイ、ヤフーはだまっていても成長していくでしょう。
posted by 藤原大輔 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

海外でも大手企業によるM&Aがさかんに

先日も書きましたがオラクルによるピープルソフト買収をはじめ、つい最近ではシスコシステムズのセキュリティのソフトウエア会社を買収、ストレージ大手のEMCもネットワーク管理会社を買収、シマンテックもストレージ管理ソフトのベリタスを買収した。
日本では、最近大きな買収の話はあまり表に出てないが、海外では大小問わず、企業買収のM&Aが盛んです。私の友人がサンフランシスコのインターネットサービス会社にいて、「こっちは、M&A多いね」ってだいぶ前から言ってましたが。
ソフトウエア最大手のマイクロソフトも買収してるんですよ、小さいところだけど。
posted by 藤原大輔 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すごいぞ!!楽天

東北楽天ゴールデンイーグルスの楽天野球団は、楽天市場のフリーマーケットで年間予約席のオークションを開催。

入札数も多いが、何がすごいってその金額。途中経過ではあるが、バックネット裏の砂被り席が100万円、グラウンドに張り出したフィールドシートも50万円を超えている。

三木谷社長のビジネスは、野球でも成功しそうな感じです。
がんばれ”楽天イーグルス”
posted by 藤原大輔 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドコモ子会社解散へ

ドコモの子会社ドコモマシンコムが解散する。
そもそも、世の中になじみが薄い会社ですが、自動販売機のオンラインネットワークなるものを事業の柱として活動してきたようです。
実際、そんな自販機は見たことないが・・・。インターネットビジネスとして成り立つという思惑でもあったのだろうか。やっぱり、元公務員だった方がやっているだけあって、ダメなのかなあ。
それにしても、NTT系列の会社は何でみんな事業を育てあげるのが下手なのか?
ドコモは最大の失敗がAOL、もちろん、アメリカオンラインへの出資が最大の失敗。たしか1兆くらいつぎ込んだはずだったが、結局、資本関係を解消してしまった。
私から見れば、もっと整理すべきNTT系列会社があると思うけど、そのうち親会社の光ファイバー事業もやばくなるだろうし、長距離電話なども整理対象になってしまうのか・・・
そろそろ新しい発想を考えたらどうか?証券などの金融分野に早く進出しないと、買収できる優良な金融関係の会社はなくなるよ
携帯電話ビジネスも、ハードばかりではねえ。
posted by 藤原大輔 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

いよいよオラクルがピープルソフトを買収へ・・・本音は?

いよいよオラクルがピープルソフトを買収、103億ドルという金額で。
でも、オラクルはピープルソフトのソフトが欲しいわけではなく、顧客が欲しい訳でもない。
オラクルのソフトウエアを売る際に邪魔になる競合他社をつぶしたい、ただそれだけです。金と時間をかけて、ピープルよりも優れたソフトを作るより金だけかけて、手っ取り早く競合をつぶす、という金持ち企業ならではの作戦でしょう。
まあ、ある意味かしこいがなさけない・・・


ブログのランキングはこちら
posted by 藤原大輔 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外インターネットニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。